自律神経と睡眠の関係

現代社会のストレスと自律神経の乱れ

現代社会にはストレスの要因が溢れています。
仕事、対人関係、育児、乱れた食生活など、これらはストレスの原因となります。
継続的なストレスは興奮状態を引き起こしやすく、これにより自律神経のバランスを乱します。

身体は自律神経のバランスが重要

身体の機能を調節する自律神経には、緊張時や興奮時に活発になる交感神経と、
リラックス時や休息時に活発になる副交感神経があります。
昼間には交換神経が優位になり、夜間には副交感神経が優位になるという、
時間帯に応じたバランスを適切に保つことが重要です。

自律神経のバランスが睡眠の質へと影響

副交感神経が優位になると全身の血管が拡張します。
この血管を解して細胞の修復などに必要な栄養素や
ホルモンなどがしっかりと行き渡ることで、睡眠中のリカバリーと
メンテナンスが行われます。
本来あるべき自律神経のバランスが乱れていると、
寝つきや睡眠中の活動に悪影響を及ぼしてしまいます。