レム睡眠とノンレム睡眠の仕組み記憶を定着させ、夢を多く見るのはレム睡眠中

睡眠はレム睡眠とノンレム睡眠という全く異なる2つの睡眠状態に分けられる。この2つの睡眠が一晩に交互に繰り返される。レム睡眠は眠っている間に、ピクピクと眼球が急速に動く(Rapid eye movement:REM)睡眠のことで、眠りが浅く、夢の多くはこのレム睡眠中に見る。一方、ノンレム睡眠は眼球運動が見られない(non-REM)深い眠りである。では、なぜこれら2つの睡眠があるのか?そして、それらはどのような違いがあるのだろうか?

レム睡眠中は脳の一部が起きている「記憶の定着」の時間

それぞれの睡眠時には、特徴的な脳波が見られる。レム睡眠では、脳の一部は起きている時と同じように活動している。脳のなかでも、記憶と学習に関わる扁桃体(へんとうたい)や海馬といわれる大脳辺縁系が活動しており、レム睡眠時には、情報の整理、統合が起こり、記憶の定着が起こっていると考えられている。

このようにレム睡眠では脳の活動が盛んなことから、浅い睡眠と言われる。また体は眼の筋肉や呼吸の筋肉など一部を除いて力の抜けた状態で、このことから体の睡眠とも言われる。

ノンレム睡眠中は「脳が休息している」状態

一方、ノンレム睡眠では、大脳皮質の神経細胞(ニューロン)の活動が低下して、だんだんと同期して活動するようになる。眠りが深いほどニューロンの活動はゆっくりと同期して起こるようになり、脳全体の血流も低下する。このことから深い睡眠とも言われる。いわゆる脳の休息状態で、パソコンに例えるとスリープ状態である。

主に、ニューロンのつながりの再構築やニューロンのメンテナンスが行われていると考えられている。レム睡眠とノンレム睡眠には異なるメカニズムと働きがあるのだ。

睡眠のかたち:レム睡眠とノンレム睡眠は規則的に繰り返されている。

睡眠の約75%はノンレム睡眠で残り約25%がレム睡眠であり、レム睡眠とノンレム睡眠は約90分の周期で規則正しく繰り返される。レム睡眠の後は必ずノンレム睡眠が現れる。これが一晩に5、6回繰り返される。睡眠が進むほどレム睡眠の割合が多くなり、脳を覚醒させる準備に入る。この間に目覚めると、すっきりと快適な目覚めを得ることができる。

睡眠に対する不満として、朝起きたとき眠気がする、よく眠った感じがしない、昼間に眠気を感じる、といったことがある。これらは、就寝からノンレム睡眠出現までの時間(入眠潜時)が長かったり、ノンレム睡眠の時間が短かったり、深いノンレム睡眠が得られていないためであることが多い。

夢を見るのは主にレム睡眠中

主に夢を見るのはレム睡眠だ。夢は、視覚的で感情を伴う内容で奇抜なストーリーも多い。しかも奇妙な夢を見ていても夢の中では変に思わない。これはレム睡眠中には、視覚などの感覚をつかさどる大脳皮質感覚野や感情をつかさどる大脳辺縁系が活動しており、一方で、論理的な思考をつかさどる前頭葉の一部の活動が低下しているからである。

夢を見るのはほとんどレム睡眠の間だと一般的に言われているが、深いノンレム睡眠時にも夢を見ることが分かっている。その際の夢は、レム睡眠時の夢とは反対に、シンプルで平坦なストーリーが多い。

レム・ノンレム睡眠の周期には個人差も

一般的に、レム睡眠とノンレム睡眠の90分周期の区切りで起きると目覚めが良いとされている。しかし、実際には周期は70〜110分間と個人差がある。自分の「睡眠のかたち」を知り、それに応じて最適な睡眠時間を設定することが大切である。日々の生活の中で、自身の睡眠をよく観察することが手助けになるだろう。

働きの異なる2つの睡眠が交互に繰り返されることによって、私たちの疲労した脳は休息し、回復し、翌日の活動に備えるのである。