寒い冬の夜でも暖かく健康に眠るTIPS最適な寝室の温度と布団内の温度は?

冬の寝室の温度は16度以上(16〜19度程度)に保つのがよい。最低でも10度以上に保つように心がける。室温16度以下から、寒さによって熟睡感が妨害され始めるが、10度以下になるとさらに妨害されるようになるからだ。

快眠に最適な寝室の温度

寒い冬に快適かつ健康的に眠るためには、掛け布団の数や下着の数を増やすだけでは十分ではなく、寝室の温度を調整するのがよい。掛け布団の数や下着の数を増やし過ぎると、睡眠中の寝返りが阻害され、うまく睡眠の機能が果たされなくなる可能性がある。

また、夜中にトイレに起きたときなど、布団の中と寝室内の温度に大きな差があると、血圧が急上昇するなどし、心臓に負担がかかる。特に高齢者では負担が大きくなるので注意が必要である。

電気毛布や電気アンカの使い方

布団が冷たいと、それが刺激になって交感神経の活動が高まり眠れないことがある。また、寒いと手足などの末梢血管が収縮し、皮膚からの放熱が起こりにくくなるため、睡眠中の体温低下が阻害され、眠りが浅くなる。

電気毛布や電気アンカは、寝る前までに布団の中を温めるために使用し、眠る時にはスイッチを切るようにする。

眠る時に布団の中が暖かいと手足などの末梢から放熱が起こりやすく、寝付きがよくなる。電気毛布などのスイッチが入ったままだと、夜中の布団の中は、夏の高温多湿状態と同じになってしまい、暑くて寝苦しさを感じたり、体温低下が起こりづらくなったりして、睡眠が妨害される。

掛け布団よりも敷き布団に工夫を

寝間着は温かい素材のものがよい。しかし、眠る時の重ね着のし過ぎは睡眠中の動きを阻害してしまうので避けたほうがよい。また、掛け布団を増やすよりも、敷き布団を工夫するほうがよい。敷き布団から熱が逃げ、冷気が伝わってきていることが多くあるからだ。

また、掛け布団を増やし過ぎると、やはり、睡眠中の寝返りが妨げられる原因となるからである。寝返りは、同じ姿勢で眠ることによる、体の負担を軽減し、快眠をサポートする。

敷き布団には、ボアのような保温効果のあるシーツを使用したり、シーツの上に毛布を敷くなど敷き寝具を2枚重ねたりするのが有効で、布団内の保温効果が随分と変わってくる。

寒くて眠れないときの対処法

寝る1−2時間くらい前にお風呂に入ったり、手足を温めたりすると寝付きがよくなる。体温の発散が促進され、体温低下がスムーズに誘導されるからである。ただし、お風呂に入る場合、眠る直前に温まり過ぎるのはよくない。かえって体温が上昇し、目が覚めてしまう。

寝る直前にお風呂に入る場合は熱いお湯や長湯は避け、手足の皮膚表面だけが温まる程度のぬるいお湯に漬かるのがよい。冷え性の方では、冬の夜は寒くてよく眠れないことが多いが、このように、手足が冷たく放熱がうまくできないと寝付きが悪くなる。昔から「頭寒足熱」という言葉があるように、眠る時は、頭は冷やし、手足は温めるのが快眠のコツである。