Sleepdaysで体全体をリカバリー

「Sleepdays」の使い方

現代人の生活は自立神経の切り替えが難しい

人間は本来、体内時計に従って生きているので、日中は交感神経が優位になり、夜は副交感神経が優位になるようにできている。しかし、電子機器のブルーライトや明るすぎる照明、深夜に及ぶ仕事など、外部刺激が多い現代生活では、副交感神経が優位であるべき夜に、交感神経が活発状態になってしまっていることが多い。
眠るためには副交感神経優位に切り替えなければならないが、交感神経は比較的簡単にスイッチを入れられるのに対し、副交感神経優位に切り替えるのは難しく、意識する必要がある。

血行を上げると副交感神経が優位に

副交感神経への切り替えを行うポイントのひとつが、血流
副交感神経が優位になると血行はよくなるが、血行をよくすることで副交感神経を優位にするというベクトルもある。自律神経の切り替えがスムーズに行われず不眠になっている人は、血行を促進し、副交感神経のスイッチを押してあげれば良い。血行がよくなると、寝つきを悪くしたり睡眠の持続を阻害したりする冷えも抑えることができる。

末梢の血流を上げて、眠気スイッチをオン

活動している日中、心臓や脳などカラダの中心へ集まっていた血液は、夜になると抹消の血管へと移動し、カラダの中心部の熱は放出される。すると表面温度は温まっているように感じるが、深部体温は低下していく。この深部体温の低下が入眠を促し、深い睡眠へと誘ってくれる。手足などの末梢の血流を増やすことで放熱が活発に行われ、より深い眠りにつくことができるのである。

Sleepdaysグッズで体全体をリカバリー

冷え性の人や低体温の人は、日中に上がるべき体温が上がらないことで、昼と夜で深部体温の変動が少なく、眠気のスイッチが入りづらくなります。目元の疲れが気になる方には「リカバリーアイピロー」、足のむくみが気になる方には「リカバリーレッグフィット」がお勧め。


「リカバリーレッグフィット」の商品ページはこちら