眠れない、不眠症、どの病院に行けば良い?全国の日本睡眠学会、認定医師紹介

睡眠医療認定医・認定機関リスト

運動法、食事法、リラックス法などいろいろ試してみたが、それでもやはりよく眠れない場合は、睡眠について詳しい医師、つまり睡眠専門医に相談するのが良いだろう。

内科や小児科などと違って、「睡眠科」を街で見かけることはあまりないが、日本睡眠学会では、ホームページ上に「睡眠医療・認定委員会の認定による認定医、認定機関」のリストを公開している。詳しくは下記URLを参照していただき、お近くの認定医、認定機関をお探しいただきたい。
日本睡眠学会ホームページ・「睡眠医療認定医・認定機関リスト」
http://jssr.jp/data/list.html

リストをご覧になると分かるように、睡眠専門医や睡眠外来を持つ医療機関の数はあまり多くない。東京都には最も多くの認定医や認定機関がある一方で、認定医や認定機関がない都道府県も存在する

認定医が身近にいない場合、最寄りの神経科・精神科、神経内科、心療内科の看板を出している医療機関に相談してみるのも良いだろう。そこでも問題が解決しない場合、睡眠に詳しい医師あるいは医療機関を紹介してもらうよう依頼するのが良いだろう。

市民公開講座なども有効に活用

日本睡眠学会では毎年夏ごろに定期学術集会を開催している。睡眠の基礎研究から臨床までさまざまな分野に関わる睡眠の専門家が集まり、最先端の睡眠研究・医療についての議論がなされる。近年はその会期中、「市民公開講座」も開催されている。

市民公開講座は事前申し込み制だが、入場料は無料が通例である。講演形式の講座で、睡眠専門医から役に立つ情報が得られ、その場で質問することもできる。睡眠に関する知識の習得や睡眠専門医との関わりを築く良い機会となるだろう。

また、学術集会だけでなく、日本睡眠学会では、一般に向けて様々な情報を公開している。それらの情報を、随時ホームページでチェックして活用するのも良いだろう。

専門の医療機関はまだまだ不足

日本人の約2割がなんらかの睡眠障害を患っているのに比べ、睡眠医療認定医・認定機関の数はまだまだ足りないのが現状だ。睡眠障害を患いながらも、それと知らずに(診断されずに)、日常生活を送っている人はとても多い
しかし、睡眠障害は生活の質(QOL)を低下させるだけでなく、日中の眠気による交通事故の発生率上昇や、社会の生産性低下にも影響し、社会的・経済的にも重要な問題になっている。そういった視点からも、睡眠医療に従事する専門家の育成は今後ますます重要になってくるだろう。睡眠外来受診の際は、予約が取りづらいことも考えられるため、余裕をもって早めに日程を調整しておいたほうが良いだろう。