ストレス、悩み、不安で眠れない! そんなあなたの気持ちを少し楽にできるTIPS紹介

現代人は日常生活で、さまざまなストレスにさらされている。人間関係や仕事のトラブルなど、ストレスのない生活をしなさいといっても無理があるだろう。ストレスをため込まないためには、時には大ざっぱにかつ楽観的に物事を考えたり、柔軟に思考を切り替えたり、趣味で気分を紛らわせたりするなどたくさんの方法がある。

不安や悩みをオープンに:紙に書く、人に話す

不安に思っていることなどを、紙に書き出してみることが有効な場合がある。紙に書くことによって、悩みなどの思考を客観的に見つめ直すことができ、たいしたことではない、と気が付くこともある。また、悩みを人に話すのも効果的だ。一人で悩みを抱えるのではなく、他人に打ち明けるだけでも、気分がすっきりとするものである。

鏡に向かってにっこり、楽しいことを考える

ストレスは笑いの力でコントロールできる。笑うことで、自律神経のバランスが整う、副交感神経が優位になる。また「幸福ホルモン」セロトニンが分泌されたり、脳の前頭葉が活性化して意欲が湧いてきたりするなどの効果が得られる。自分の笑いのツボを押さえて、バラエティー番組やコメディー映画を見るなど、笑える環境を積極的につくり出すことが大切である。

しかし、笑えと言われても難しい場合もあるだろう。ところが、実際には面白いと思わずに、作り笑いをしただけでも顔面筋が刺激され、その刺激が神経を介して脳に伝わり、笑いの効果が得られる。

さらに、面白いことや楽しいこと(例えば、旅行やイベントの計画など)を考えるだけでも脳内ではドーパミンという神経伝達物質が分泌され、笑ったり、楽しんだりしている時と同じ現象が起きているのである。

笑えないような辛い時こそ、無理矢理にでも鏡に向かってにっこり、楽しいことを考えれば、実際に笑っている時と似たような効果が得られるのである。

耳、鼻、皮膚からの感覚刺激をフル活用する

耳、鼻、皮膚からの感覚刺激は全て脳に伝わり、感情の生成に役立っている。好きな音楽は気分を良くするが、逆に騒音は気分を害するだろう。したがって、これらの刺激を有効に使うことで、気分を落ち着かせることができるのである。

耳からの刺激としては音楽、鼻からの刺激としてはアロマ(香り)、皮膚からの刺激としてはマッサージがある。

音楽やアロマは自分の好みでリラックスできると感じるものがよい。また、マッサージは本格的にマッサージを受ける必要はなく、自分で筋肉の張りをほぐし、血液やリンパ液の流れを良くするイメージを抱いて行えばよい。マッサージを受けながら音楽を聴き、香りを楽しむ、さらには自分がリラックスできるイメージを想像することで、効果は絶大である。

体を動かす

体を動かすことで、気分がすっきりして悩みが吹き飛んだ、という経験をお持ちの方もいらっしゃるだろう。いつでもどこでもできる簡単な運動を数分程度行うだけでも、十分にリフレッシュ効果がある。例えば、ウオーキング、ランニング、ヨガ、ストレッチ、腹式呼吸、筋弛緩法などがある。また、リズムに合わせて体を動かすリズム運動では、特に「幸福ホルモン」セロトニンの分泌が促され効果的である。

ストレスは悪者とは限らない

ストレスは必ずしも悪者というわけではない。良いストレスは、生活にめりはりをつける要素となる。仕事のノルマなど、ストレスを乗り越えた時の達成感やそれを乗り越えようとするモチベーションは、むしろ心身の健康に必要なものである。

また、ストレスの感じ方には個人差がかなりある。例えば、上司から嫌なことを言われても、それをマイナスに受け止める人もいれば、逆に、自分を成長させるよい機会であると考える人もいる。ポジティブ思考は、悪いストレスを良いストレスに変えることができる。そして、ストレスに対する接し方はトレーニングすることで身に付けることができ、だれでもポジティブ思考ができるようになるのである。