眠りたいのになぜ眠れないの?不眠の原因は5つに大別される

不眠克服の第一歩:眠れない5つの原因を知る

眠りたいのに、眠れないことがあるのはなぜだろうか?その原因はさまざまだが、似たような不眠の症状でも原因が違えば対処方法が全く異なるため、まずはその原因を正しく把握することが重要である。

不眠の原因1:心理的なもの:ストレス

誰でも、多かれ少なかれ、日常生活で何らかのストレスを受けているだろうが、ストレスは快眠の最大の敵である。職場の人間関係、仕事の量や内容、収入や家族のことなどで悩んだりイライラしたり。このような、大小さまざまな心理的ストレスは交感神経を活発化し、副交感神経を抑制することで睡眠を妨害する。

なぜ眠れないのか?その原因となるストレスに自分でも気が付いていない場合もあり、眠れなくなった前後の出来事を思い出すことでその原因が発見されることもある。

不眠の原因2:身体的なもの:痛み、かゆみ、無呼吸、加齢など

けがによる痛み、皮膚病によるかゆみや夜間の頻尿などの体の症状が眠りを妨げる場合がある。痛みやかゆみであれば、本人の自覚があるだろう。しかし、一晩に何度も呼吸困難を起こし、眠りを浅くする睡眠時無呼吸症候群では、本人の自覚がほぼ無く、発見されづらい。朝起きても、十分に眠った感じがしない方や、いびきの大きさを指摘されたことのある方は注意で、医療機関の受診をお勧めする。また、加齢により睡眠の質は低下する。

不眠の原因3:精神医学的なもの:抑うつ、うつ病など

眠れないとお悩みで、もし、憂うつな気分が長く続いていたり、何をしても楽しくなかったりと感じていたら、精神科や心療内科などの受診を検討した方が良いかもしれない。眠れない背景には心の不調が関わっている可能性があり、専門家の手助けが必要な場合が多いからだ。慢性的な不眠では、3分の1から半数は、何かしらの精神疾患(うつ病や統合失調症など)があるとも言われている。

不眠の原因4:薬理学的なもの:アルコール、カフェイン、ニコチンなど

寝る前に、お酒やコーヒーを飲んだり、たばこを吸ったりすることは、睡眠にとってマイナスである。眠ろうとしてお酒を飲む人もいるが、アルコールには一時的な入眠作用後の覚醒作用があるため、かえって眠りを浅くする。また、お茶やコーヒーに含まれるカフェインや、たばこに含まれるニコチンには覚醒作用があり、寝つきを悪くし、眠りも浅くする。

薬を服用していると、その副作用で眠れない場合がある。特に、抗がん剤、神経に作用する薬、ステロイドには眠りを妨げるものが多い。何らかの薬を服用している方は、主治医に相談するなどして、薬の副作用について正しく理解しておく必要があるだろう。

不眠の原因5:生理学的なもの:時差ぼけ、生活習慣、室内環境など

海外旅行などで経験する時差ぼけシフト勤務などによる昼夜逆転した生活では、体内時計のずれにより、睡眠が妨害される。

また、眠る前にあれこれいろいろ考えたり、スマートフォンなどの電子機器を使用したりすることによっても、交感神経が活発化により、睡眠が妨害される。さらに、寒さ暑さ、明るさ、騒音などの就寝環境も、睡眠に大きな影響を与える。

眠れない原因はさまざまであるが、それを正しく把握し、対処することが改善の第一歩である。具体的な対処方法については次回以降の記事で詳しく説明していく。